spot_imgspot_imgspot_imgspot_img
ホームニュースビットコイン半減とグローバルマイニングの変革: エチオピアが仮想通貨ハブとして台頭

ビットコイン半減とグローバルマイニングの変革: エチオピアが仮想通貨ハブとして台頭

-


Coinotag Pro Banner
読み始める前に
もうPEPEのようなコインを見逃さない!
ここをクリックして新しいPEPEを見つけよう!
  • ビットコイン半減は、仮想通貨マイニング業界を大幅に再形成する可能性があります。
  • ブルームバーグによると、米国のマイナーは数千台もの旧型マイニングリグを廃止し、輸出する準備を進めています。
  • エチオピアは、より安価な電気料金を求めるマイナーにとって、急速に人気の目的地となっています。

今後のビットコイン半減が、米国を拠点とするマイナーの戦略的な国外移住をどのように促進しているのか、エチオピアが仮想通貨マイニングの中心地として台頭している理由、そしてそれがビットコインの未来に何を意味するのかをご覧ください。

ビットコイン半減:変革の触媒

2024年のビットコイン半減は、マイナーのブロック報酬を50%削減し、収益性に影響を与えます。この組み込みの希少性メカニズムが、ビットコインの価値提案を支えています。旧型のマイニングマシンは、コストの高い米国市場では時代遅れになる可能性があり、機器の世界的な移転を促しています。

マイナーは低コストな電力地帯に活路を求める

Electricity Prices Worldwide

SunnySide Digitalのような米国のマイナーは、エチオピア、タンザニア、パラグアイなどの国に販売するために、旧式の機械を再生しています。上場しているマイナー企業は、効率性の最適化へのプレッシャーに直面しています。ブルームバーグは、米国から60万台のS19シリーズマシンの流出の可能性があると報告しています。

エチオピアのビットコインマイニング・ヘイブンとしての台頭

エチオピアの低コストなエネルギーと好意的な投資環境がマイナーを惹きつけています。フォーブスは、最先端のマイニングインフラを構築するためのエチオピア政府とウエストデータグループとの2億5000万ドルの契約を強調しています。アフリカのデータセンター市場が活況を呈する中、エチオピアはこの地域でのリーダーシップを目指しています。

海外事業の課題とチャンス

機器を移転する米国のマイナーは、輸送中の損傷や物流面でのハードルなどのリスクに直面します。しかし、多くの企業にとって、エネルギーコストを大幅に削減できる可能性は、これらの懸念を上回ります。一部のマイナーは物理的に操業拠点を移転し、他のマイナーは旧型の機械を戦略的に保管しています。

半減前のアップグレードサイクルと市場への影響

ブルームバーグは、半減への準備が何年も前から行われており、公開マイニング企業が新設備に多額の投資を行っていると指摘しています。このダイナミクスと機器の移転は、ビットコイン市場と進化するグローバルマイニング業界に大きな影響を与える可能性があります。

結論

ビットコインの半減は、広範囲にわたる影響を持つ重要な出来事です。手頃な価格のエネルギーを求める動きがマイニング業界を再形成しており、エチオピアのような国がますます重要な役割を果たし、進化する仮想通貨の世界で経済成長、技術進歩、イノベーションの可能性を提供しています。

最新の暗号通貨ニュースについて情報を得るために、私たちのTwitterアカウントとTelegramチャンネルの通知を有効にすることを忘れないでください。
アニサ 中村
アニサ 中村https://jp.coinotag.com/
中村アニサは、暗号通貨に強い興味を持ち、2年間の経験を積んだ経験豊富な女性著者です。彼女は暗号通貨の技術的な側面について深く理解し、市場動向に敏感に反応します。また、彼女は暗号通貨の可能性に魅了され、熱心に研究を行い、読者と共有しています。

最新記事

- スポンサー付き -spot_imgspot_imgspot_imgspot_img
- スポンサー付き -spot_imgspot_imgspot_img
- スポンサー付き -spot_imgspot_imgspot_imgspot_img

最も人気のある