spot_imgspot_imgspot_imgspot_img
ホームニュースリップル(XRP)の大規模な強奪:元Coins.phコンサルタントが700万ドルのサイバー攻撃で告発

リップル(XRP)の大規模な強奪:元Coins.phコンサルタントが700万ドルのサイバー攻撃で告発

-


Coinotag Pro Banner
読み始める前に
もうPEPEのようなコインを見逃さない!
ここをクリックして新しいPEPEを見つけよう!
  • アメリカ司法省 (DOJ) は、著名な仮想通貨取引所Coins.phの元コンサルタント2名を起訴し、フィリピンのビットコインコミュニティに衝撃を与えました。
  • これらの起訴は、詳細に計画されたハッキングに関連し、約3億4000万PHP(700万米ドル相当)の12.2百万XRPが盗まれる結果となりました。
  • 「ログイン履歴の記録が明確な証拠を示しています」と、起訴理由を詳細に説明した8ページの判決において、検察官は述べました。「犯人たちは、ネットワーク構造、安全なアクセスメカニズム、サーバインフラについて深い知識を持っていました。」

内部のハッキングにより12.2百万XRPが盗まれ、フィリピンの仮想通貨コミュニティを揺るがし、主要な取引所の脆弱性を露呈させました。この事件は、強固なサイバーセキュリティ対策の重要性を強調しています。

元コンサルタントが内部知識を利用してセキュリティを突破

ロシア国籍のウラジミール・エヴゲネヴィッチ・アヴデーエフとセルゲイ・ヤシュックは、Coins.phでのコンサルタント経験を活かし、会社の安全なシステムへの不正アクセスの疑いがかけられています。取引所のネットワークに関する深い理解を使って、ハッカーはセキュリティプロトコルを回避し、機密の内部データにアクセスしました。

デジタルマネーロンダリングの巧妙な手口

盗まれた資金は、多くの匿名の仮想通貨取引所を経由して迅速に移動され、その経路を追跡するのが困難になります。この高度なマネーロンダリング手法は、盗まれたXRPの出所と行き先を隠すことを意図しており、デジタルフォレンジックの専門家にとって重大な課題となります。

サイバー犯罪と戦うDOJの取り組み

これに対し、フィリピンの司法省のヘスス・レムラ長官は、デジタル時代のサイバー犯罪対策に対するDOJの献身を強調しました。「ハッカーは脆弱性を悪用するための高度な方法を常に開発しています」とレムラは述べ、犯人を逮捕し、盗まれた資産を取り戻すために利用可能なすべてのリソースを活用すると約束しました。

仮想通貨セクターとセキュリティプロトコルへの影響

この事件は、フィリピンの急成長する仮想通貨市場が直面しているセキュリティ上の重大な課題を強く意識させます。特に機密情報にアクセスできる外部コンサルタントに対して、取引所が厳格なセキュリティ対策を実施する必要性を強調しています。この期間中、DOJはオンライン金融サービスの利用者に高い警戒心を維持するよう勧告しています。

結論

この前例のないサイバー犯罪事件の結果は不確かであり、複雑なデジタル資産の回収や国際的な協力が必要となる可能性があります。この事件が展開していく中で、仮想通貨取引所がサイバーセキュリティを優先し、ユーザーがデジタル金融の世界で慎重に行動することの重要な教訓となります。

最新の暗号通貨ニュースについて情報を得るために、私たちのTwitterアカウントとTelegramチャンネルの通知を有効にすることを忘れないでください。
由衣 松田
由衣 松田https://jp.coinotag.com/
由衣松田は27歳で、暗号通貨の世界で4年の経験を持ち、ミームトークンを愛する著者です。

最新記事

- スポンサー付き -spot_imgspot_imgspot_imgspot_img
- スポンサー付き -spot_imgspot_imgspot_img
- スポンサー付き -spot_imgspot_imgspot_imgspot_img

最も人気のある